【飲みレビュー】LICKINGHOLE CREEK – JUICY IPA #25(リッキンホール・クリーク – ジューシーアイピーエー25)

飲みレビュー

アメリカ、バージニア州グーチランドよりLickinghole Creek Craft Brewery(リッキンホール・クリーク)がやってきました。インポートされた数ある中で、自分が手にしたのは、Juicy IPA #25でした。

ほっぷる
ほっぷる

ニュークリアナゲットと悩んだけど、ネズミのトランプ絵札風のデザインに惹かれて、こちらを購入!よく見たら結構リアル…。

ブルワリー

Lickinghole Creek Craft Brewery(リッキンホール・クリーク)

アメリカ、バージニア州グーチランド

Lickinghole Creek Craft Breweryは、バージニア州の受賞歴のあるFarm Breweryで、米国バージニア州グーチランド郡の305エーカーの自然のままの土地にあります。私たちはビール愛好家のために革新的なプレミアムビールを作るのが大好きです。少量のバッチフレーバーと入手困難な食材は、各醸造に行われる職人技とケアの副産物にすぎません。

私たちは、小麦、大麦、ホップ、ベリー、カボチャなど、独自の食材の多くを栽培しています。栽培していないものは、地元の農家や世界の農業コミュニティから調達しています。私たちはきれいな水の世界的な管理者になるよう努めており、世界のほとんどの醸造所とは異なり、敷地内で持続可能な方法で独自の水を調達しています。私たちの特製ビールの多くは、超希少なケンタッキーバーボン樽(非常にまれで、ソースに名前を付けることはできません)で最長12か月間熟成され、醸造所では世界最高のホップのいくつかを利用しています。

https://www.lickingholecreek.com/brand
ほっぷる
ほっぷる

深層から汲み上げた井戸水で醸造していたり、自分たちで廃水の浄化をしたり、

水に敬意を持って大事にしているブルワリーだね。

ビア

JUICY #25 (JUICYシリーズの25作目)

2021年2月24日リリース

まだまだ日本で知られていないザッパホップが、リッキンホールクリークのジューシーIPAシリーズで初登場。マンゴー、ピーチ、グレープフルーツ皮、松脂とスパイスの風味が楽しめる、ジューシーさ満点のヘイジーIPAが出来上がり!

https://www.lickingholecreek.com

スタイル

Juciy IPA (ジューシー・アイピーエー) またはHazy IPA(ヘイジー・アイピーエー)

ほっぷる
ほっぷる

個人的な感想としては、

香りにボリュームがあるAmerican IPAっぽいです。

甘さひかえめ、ビターしっかりです。

ホップ

Zappa(アメリカ産)

ニューメキシコ州の野生から回収された北米原産のHumulus lupulus品種、neomexicanus。

アメリカのシンガーソングライター「フランク・ザッパ」にちなんで名付けられました。アロマ付けの用途に適し、パッションフルーツ、松、ミント、スパイス、トロピカルフルーツ、セイボリーのノートを有します。

YAKIMA VALLEY HOPSのユーザーレビューには、以下のようなコメントも

  • Zappaホップを使うとIBUよりも苦味が際立つ
  • 少ない量でも渋さがでる
  • グレープフルーツの中果皮(薄皮の白いところ)
ほっぷる
ほっぷる

松っぽさ、スパイシーさ、ミント、セイボリー(ハッカ似)っぽさが他のホップと比較すると特徴的だね!対して、ザッパホップは、醸造家からすると苦味が出やすいようで、扱いが難しいみたい。

Untapped

3.59 点(21/6/27時点)

(5点満点)

ほっぷる
ほっぷる

ジューシー、素朴、シック(落ち着いた)

といった感想が見られるよ。

レビュー

特徴的なのはアロマのボリューム!飲み始めから最後まで、ずっとトロピカルで少しスパイシーなアロマを強く感じられる。味は、パイニィでアーシィ。REVISIONのIPAに少し似てるかも。

甘さはさほどで、フィニッシュにしっかりビターで締めくくられる。ほんのりアルコリック。

ほっぷる
ほっぷる

ジューシーって、ウエットでドリンカブルなイメージが先行するけど、

このIPAが表現したいジューシーってきっとフルーティな香りのことなんだと思う!

かなりアロマが華やかだよ!

ザッパホップのキャラクターが楽しめるリッキンホール・クリークJUICY #25でした。

かんぱい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました